2012シーズンに向けて

スタッフブログ

今年も10月に入り、間もなく2012シーズンを迎えることとなりました。
 新たなシーズンを迎えるにあたり、改めて3月11日の震災に遭われた皆様にお見舞いを申し上げると共に、復興に向け日々活動を続けていらっしゃる皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
 先シーズンの当スノーパークにおきましては、震災以降の度重なる余震や停電、ガソリン不足など、安全運行の確保が難しい状況が続き、シーズン半ばでのクローズとなりました。
 お客様皆さまには、途中クローズに際して多大なご理解と励ましを頂いたこと、この場をかりて御礼申し上げます。

 

 新シーズンを迎えるにあたり、未だに続く電力不足への懸念や余震への不安、心休まらぬ被災地への配慮など、例年とは違ったシーズンとなることは間違いありません。被災地岩手のスキー場として一体何をどうすべきか?スタッフ一同考えて参りました。
 『「復興」とは元のように盛んにすること』だそうです。「元のように」つまり震災の前の様に、そしてそれ以上に盛んにすること・・・。我々にとっては、ご来場して下さる皆様に笑顔で楽しんでいただける、そして帰ってからも、思い出話で笑顔になれる。そんな施設を提供すること。そんなスキー場を目指し、復興への祈りも込めて新シーズンを迎えることとなりました。
 小学6年生以下リフト・ゴンドラ無料も、ナイター営業も例年通りです。今まで通り皆様に笑顔で楽しんで頂けるよう、今まで以上に楽しい企画やイベントを行って参ります。

 

 「I pray for all」そして「Irie」 すべてに祈りを込め、楽しく最高の冬になるように!
今年こそは最高の冬になるように!岩手高原は今年もみなさんと共に冬を迎えます。
今シーズンも岩手高原スノーパークをよろしくお願い致します。

 

岩手高原スノーパーク 支配人 山本善和

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧